お薦め

5αリアクターゼを抑制することでDHTの生成を防ぐ育毛剤

あなたは「5aリダクターゼ」という成分の名称を目にしたことがありませんか?
育毛ケアについて色々と知識を身につけている方でしたら一度は目にしたことがあるかもしれませんが、
これは男性型脱毛症(AGA)の原因とされている物質です。

それでは、まずはこれがどのように薄毛や抜け毛の症状へとつながっていくのかを簡単にご紹介したいと思います。
もともと「5aリダクターゼ」という物質は人間の体内にある酵素のうちの一つとされています。
しかしながら、この物質がテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結びついてしまうと、
たちまち男性型脱毛症(AGA)を引き起こす悪い男性ホルモン(DHT)へと姿を変えてしまうのです。

こうなると、男性ホルモン(DHT)によって、皮脂の過剰分泌が促されてしまったり、
髪の毛の発育を阻害されてしまうなどされることで頭皮環境は悪化し、
新しい髪の毛を生成することができない状況へと追いやられてしまいます。
これが、男性型脱毛症(AGA)なのです。

そこで、「5aリダクターゼ」を抑制してくれる効果のある育毛剤を使用することで、
男性ホルモン(DHT)が作り出されることを抑えていくことができます。
つまり、薄毛や抜け毛を誘発している悪い物質を作り出さないようにしてしまうことで、
それ以上症状を悪化させない状態にしながら、
育毛ケアによって症状を改善させていくことができるようになるということです。

薄毛や抜け毛の症状を作り出している物質が残ったままでは、
いくら髪の毛に栄養を与えてあげたりと、育毛促進をしてあげても、
悪い物質によってまた髪の毛が抜けてしまって・・・の繰り返しになってしまいますね。

そこで、それを食い止めるためにも、
「5aリダクターゼ」を抑制する効果を発揮してくれる育毛剤が非常に効果的と言えるのです。

このように、「5aリダクターゼ」は人間の体内に存在する酵素でありながら、
テストステロンと結びつくことによって、
男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因となるDHTを作り出してしまうことになる物質です。

しっかりとした育毛ケアを行っていくためには、
「5aリダクターゼ」を抑制できる育毛剤を使用していくと良いですよ。
他にも椿油や馬油を使った育毛剤なんかもあるそうなので気になった方はこちらをご覧ください。