お薦め

「バイオポリリン酸」が発毛命令をダイレクトに毛乳頭に届ける育毛剤

薄毛や抜け毛を改善させていくためには、髪の毛に栄養を与えてあげるだけでいい・・・と、
そのように考えていらっしゃいませんか?実はこれ、全くの誤解です。

確かに、髪の毛に対して必要な成分を与えてあげるのは非常に大切なことです。
髪の毛も栄養分を取り入れて成長していくものですので、
栄養がなければその成長は止まってしまうことになります。
しかしながら、薄毛や抜け毛を改善させるためには、
ただ栄養を与えればそれで何とかなるというわけではないのです。

男性型脱毛症(AGA)などの薄毛・抜け毛の症状では、
頭皮環境が悪化していることが多いです。
そのため、まずはそこを改善していかなければなりません。
さらに、育毛促進をしていくためには毛乳頭の細胞を活発にさせてあげるのも大切です。

では、毛乳頭の細胞はどのように活発にさせてあげればいいのでしょうか?
そこでおすすめできるのが、「バイオポリリン酸」です。
この成分は、毛乳頭の細胞活動を活発にさせるためには重要な、
「繊維芽細胞増殖因子(FGF)」を活性させることが可能なものとして、
近年高い注目を得ていると言われています。

それでは、どうして「繊維芽細胞増殖因子(FGF)」にはこの成分が必要なのでしょうか。
実は、この成分は元々非常に脆いため、男性型脱毛症(AGA)の遺伝の他、
加齢や生活習慣の悪化、過度なストレスなど薄毛・抜け毛の原因によってすぐに力を失い、
作用しなくなってしまうものです。

しかしながら、この非常に脆い成分として有名な「繊維芽細胞増殖因子(FGF)」、
実は「バイオポリリン酸」との相性が非常に良いのです。
「バイオポリリン酸」によって「繊維芽細胞増殖因子(FGF)」は保護され、力を取り戻して作用しやすくなります。
そうなると、毛乳頭へダイレクトに発毛命令が行き渡り、
細胞が活発になることでどんどん発毛効果を発揮していけることとなるのです。

このように、「繊維芽細胞増殖因子(FGF)」を活性化させるためには、
欠かせない「バイオポリリン酸」は育毛ケアにおいて非常に効果的と言えます。

育毛剤がなかなか決まらない・・・とお悩みの方は、
是非「バイオポリリン酸」が含まれた育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。
育毛剤で得られる効果はこちらにかいてあります。